パソコン処分の時に中にあるデータはどうなるの?"news5"

パソコン修理完了後は代金引換便にてクレジットカードがお使い頂けます。

パソコン処分

Tel:072-248-2410電話受付 10:00~18:00
〒5890013 大阪府大阪狭山市くみの木4-88-345
  1. 大阪のパソコン修理PCSTYLE
  2. パソコン処分
  3. パソコン処分に間する記事一覧
  4. パソコン処分の時に中にあるデータはどうなるの?

パソコン処分時の内部データ


パソコンのデータが入っているところは?

上記写真が普段皆さんが使ってるパソコンに搭載されているハードディスクという部品です。このハードディスクにもさまざまなタイプがあり、ノートパソコンですと小さな2.5インチタイプのハードディスクが搭載されていたり、SSDタイプのものが搭載されている場合もございます。また、SSDには上記写真下段真ん中のような基盤がむき出しのタイプやその右横にあるタイプも存在します。

このハードディスクという部品に皆さんが普段お使いのデータやアドレス帳、写真なんかが保存されているんです。電気機械の分解なんかが好きな方はパソコンを分解した際に一度は目にしたことがあると思いますが。普通は見る機会がないと思います。

パソコンの処分に依頼するとデータはどうなる?

ここが一番肝心なところなのですがパソコン処分に出した際にデータはどうなるか?通常ご自身でデータ消去作業を行わない限りデータが入った状態で処分に送ることになります。また、起動するパソコンの場合で簡易的に消したいデータをゴミ箱に捨てたりした場合見た目のデータはなくなりますが厳密にはこのハードディスクの中に捨てたデータも残っている状態です。更には、このゴミ箱に捨てたデータも復元しようと思えば復元が可能なんです。
この残されたデータですが悪用するような業者はいないと思いますが昨今のニュースを見ていますと個人情報漏洩などさまざまな問題も起きておりますので一概に安心だとは言えません。また、データ消去のサービスを行っていない処分業者がパソコンをそのまま再販された場合などは最悪のケースも考えられます。あなただけではなくお知り合いの連絡先なども保存されているハードディスクですので本当に心配ですよね。

ハードディスク内部のデータをどうするか、、

いろいろとハードディスク内部のデータについてお話してきましたが、ではいったいこのデータどうすればいいのか?3通りの選択肢があります。

1.自力でパソコン内部からハードディスクを取り出して自分で保管する、もしくはかなづちなどを使ってハードディスクを破壊する。ご自身で物理的にハードディスクを破壊しようと思う方は、パソコンの内部から取り出したハードディスクを基盤のついている面と反対側の面をかなづちで10回程度思いっきり叩くと中にあるデータが書き込まれている部品(プラッタ又は磁器ディスク)が壊れますので安心です。

2.パソコンが正常に起動して操作ができる場合市販のデータ消去ソフトを購入してハードディスクのデータを消去する。この方法の場合消去ソフトの操作など各社さまざまですのでパソコンの操作に自信がない方にとってはちんぷんかんぷんかもしれないです。また最近のパソコンだとメーカーによっては購入時の状態からデータ消去ソフトが入っているパソコンもあります。ですがこちらの操作についても取り説を調べたりと少々困難な場合も多いかと思います。

3.データ消去を行っているパソコン処分の会社に依頼する
最近では弊社に限らずさまざまなパソコン処分業者がデータ消去サービスも付帯するようになってきております。無料のところもあれば有料で行っているところもあります。もちろん弊社ではパソコン処分時のデータ消去は完全無料でのサービスを行っております。


このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン処分依頼送付先

〒5890013
大阪府大阪狭山市くみの木4-88-345
TEL:072-248-2410
大阪のパソコン修理PCSTYLE

↑ PAGE TOP