ノートパソコンのキーボードの故障事例

パソコン修理完了後は代金引換便にてクレジットカードがお使い頂けます。

大阪のパソコン修理PCSTYLE

Tel:072-248-2410電話受付 10:00~18:00
〒5890013 大阪府大阪狭山市くみの木4-88-345
  1. 大阪のパソコン修理PCSTYLE
  2. パソコントラブル事例掲載
  3. ノートパソコンのキーボードの故障

パソコン修理・トラブル事例 ノートパソコンのキーボードの故障

ノートパソコンのキーボードの故障といっても様々な故障がございます。
例えば、特定のキーが打てなくなった場合や特定のキートップが取れてしまった場合、特定のキーが押しっぱなしになっている場合、すべてのキーの入力が効かない場合など様々です。

特定のキーが打てなくなった場合

キーボードには様々なキーがありますが、入力している際に何度押しても入力できないキーが出てきてお困りの場合もあるかと思います。この場合の故障はそのほとんどがキーボード内部のフィルム配線が断線したことにより発生します。ノートパソコンのキーボードの場合キーボードをばらして断線したフィルム配線を修復することは仕様上困難なためキーボードを丸ごと交換するお修理が必要となります。

この場合の弊社でのお修理金額ですが、メーカーや機種にもよりますがおおよそで15.000円から25.000円くらいかかるお修理となります。

特定のキートップが取れてしまった場合

この場合は取れたキートップを付け直さないといけません。ノートパソコンのキートップには裏面に爪がありこの爪が折れている場合は何度付け直しても正常につきません。また、キーボード本体側はパンタグラフ構造になったプラスチックの部品が付いていまして、この部品の足が折れている場合も正常に取り付けることはできません。キートップが外れてしまっただけで裏面の爪にも割れがなく、パンタグラフも正常な場合はキートップ裏面の爪の形を確認して取り付ければ元に戻ります。また、パンタグラフが外れてしまっている場合も爪楊枝などを使ってキーボード本体に取り付けていただく作業をするとキートップが取り付けられるようになります。

キートップの爪やパンタグラフが折れた場合でお修理にお金を掛けたくない場合はあまり使わないキーで同じ形状のものがあればそれを慎重に外し代用することも可能です。

特定のキーが押しっぱなしになっている場合

この症状で多いのはキートップとキーボード本体側にある間にゴムが入っているのですがこれが何らかの事象で歪んでしまったりして押しっぱなしになっていることがあります。キートップを慎重に外し中にあるゴムが歪んでいるようでしたら一度取り外しきちっと収まるように付け直すと改善します。

また、他の故障で言いますとキーボード内部のフィルム配線の断線の場合もございます。この場合はキーボードを丸ごと交換するしかお修理の方法がございません。もしくはキーボードに何か零してしまった場合も似たような症状になります。

すべてのキーの入力が効かない場合

この場合はキーボードのフィルム配線の断線も考えられるのですが極稀です。キーボード側の故障ではなくパソコン内部のメイン基盤(マザーボード)の故障が多いです。

誤って飲み物をこぼしてしまった場合

この場合はキーボードが正常に機能せず特定のキーが押されたままになったり、ひとつのキーを押しているのに複数の文字が入力されたりと様々な症状が出ると思います。お修理方法はキーボードを丸ごと交換するしか方法はございません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

出張訪問パソコン修理対応可能地域

出張・診断料5.000円(税抜き)
大阪府下記の地域
大阪狭山市・富田林市・河内長野市・松原市・羽曳野市・藤井寺市・大阪市・堺市・枚方市・守口市・門真市・四条畷市・大東市・東大阪市・八尾市・柏原市・和泉市・高石市・泉大津市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・阪南市

パソコン修理依頼送付先

〒5890013
大阪府大阪狭山市くみの木4-88-345
TEL:072-248-2410
大阪のパソコン修理PCSTYLE

↑ PAGE TOP