パソコンを買い替える時に注意すべきことの掲載

パソコン修理完了後は代金引換便にてクレジットカードがお使い頂けます。

大阪のパソコン修理PCSTYLE

Tel:072-248-2410電話受付 10:00~18:00
〒5890013 大阪府大阪狭山市くみの木4-88-345
  1. 大阪のパソコン修理PCSTYLE
  2. パソコンを買い替える時に注意すべきこと

パソコンを買い替える時に注意すべきことを掲載しております

パソコンの買い替え時期

パソコンの買い替えを考えるときはまずはパソコンが故障した場合と長年使ってきて古くなったのでそろそろ買い替えようかなと思う時ですよね。

ここで1つ目にご注意頂きたいところは既存のパソコンが故障して買い替えを決断する時です。
さまざまな故障の要因で改めてお金を出して修理をするのならいっそのこと新しいパソコンに買い替えてしまおうという場合と、修理金額があまりにも高額だったため新しくパソコンを買い替えようという場合があると思います。どちらの場合も新しいパソコンに買い替えたときには元のパソコンに入っている様々なデータやインターネット、メールなどの設定、お気に入りやアドレス帳など今までのデータや設定を新しいパソコンに引き継がない事には使えないということです。

ご自身で新しいパソコンの設定や新しいパソコンへのデータの移行をできる方なら購入金額以外に余分な費用は掛からないのですが、ご自身でできない場合は新しいパソコンの購入金額とは別に各種データの移行やネット環境、周辺機器の設定を業者に頼まなくてはなりません。各業者その料金体系はさまざまですが、おおよそネットや周辺機器の環境設定に20.000円前後、データの移行に30.000円前後、更に出張費として5.000円から10.000円が掛かってしまいます。

古いパソコンのデータがいらない場合でもおおよそ20.000円から30.000円、データの移行も望む場合は50.000円から60.000円とかなりな出費になります。今では美香氏に比べるとパソコンもかなり手ごろな値段で購入できるようになったのですがこの部分だけはどうしても人が動く仕事になりますので変わらず掛かってしまいます。

また、買い替えの際はもう一つ問題があります。それは今使っているパソコンからOSが変わってしまうことがあるということです。OSが変わるとはどういうことかといいますと、例えば今お使いのパソコンがwindows7だった場合新しいパソコンには別のOSwindows10などが入っていますので操作方法などが変わり一から覚え直さないといけない部分があるということです。

パソコンが得意な方ならあまり問題はないかと思いますが、不得意な方にとっては一から覚えないといけない操作方法などはかなりのストレスを感じることになるかと思います。

上記のことを踏まえてパソコンが故障したから買い替えるという方は検討する必要があるかと思います。5年以上使っているパソコンが故障した場合は後々のことを考えると買い替えるのも得策なのですが、5年未満の使用歴のパソコンが故障した場合はデータの消えない箇所の故障、もしくは修理によってデータが消えないのであれば修理をする方がはるかに安上がりな場合もあるということです。

けれどもやっぱり悩みますよね。修理にあまりに高額な代金が掛かる場合は。PCSTYLEではお持ちのパソコンが購入後5年以内のパソコンで、データが消えない故障又は修理でおおよそ50.000円以下の修理金額までは買い替えよりも修理をお勧めしています。もちろんご自身で上記に記載したデータや設定などの項目をクリアできる方には買い替える方をお勧めすることもありますが。

パソコンを修理することに決めた場合

いろいろと考えた末に買い替えだとその後の設定などに費用が掛かるので、今使っているパソコンを修理することに決めた場合に一番大切なことは、もちろん今回の故障による修理でパソコン内部のデータや設定が消えないかということです。基本的にパソコン部品の故障個所がHDD(ハードディスク)ではない場合は修理によってパソコン内部のデータや設定が消えることはありません。

ですがここで一つ問題となる点があります。メーカー(家電量販店に出した場合も最終的な行先はメーカーとなることが多いですので同じです)の修理ではどんな修理でもパソコン内部のデータが消えてしまう可能性がある!!ということです。?ですよね、、、。先ほど説明させて頂いたように故障個所がHDD(ハードディスク)ではない場合でもデータが消えてしまう?どういうこと?

メーカーにパソコンを修理に出す場合はどのメーカーも「データ消去同意書」なるものに記載が必要になります。今回の修理で内部のデータが消えてしまう可能性がありますがよろしいでしょうか?っていうことですね。場合によっては内部のデータが消えずにお修理が完了して戻ってくることもあるのですが原則データが消えますのでご了承くださいということなんです。

ここがメーカー修理の融通の利かないところなのですが、例えば「HDD(ハードディスク)の交換修理やパソコンの初期化以外での修理の場合に極力中のデータが消えないようにしてください」ってお願いしても「データは消えます」とか「データ消去同意書に同意頂けない場合はお修理をお受けできません」と言われてしまいます。「わかりました、データは消えない方向で極力進めます」とは回答してくれないんです。

何度聞いてみても回答は一貫して同じです。メーカー側の万一の場合の防衛策なのはわかるのですが、修理の際にいろいろな部署を転々とされる際にどこかのラインで担当者が間違えて本来なら別の修理でも初期化したりするミスが起こる可能性があるということでしょうね。

ですのでメーカーにパソコンの修理を出した場合はどんな修理でもデータが消えてしまう。データが消えずに修理が完了して戻ってきた場合はラッキーだったぐらいな気持ちで修理に出さないといけないということです。

一方メーカーや家電量販店以外の弊社のような修理店に出す場合はいろいろと融通の利くお店に出すようにしてください。HDD(ハードディスク)の交換修理やパソコンの初期化が必要な修理を除いて通常パソコン内部のデータは消えることがないからです。もちろん弊社でも下記のようにいろいろとご説明はさせて頂きます。

「今回の修理ではお客様のデータが消えるお修理ではないですが、例えば宅急便で送っていただく場合など輸送中の事故や宅急便の配達員が乱雑に扱って(品名を壊れ物、パソコンとしているにもかかわらず配達の途中で投げられたりした場合)を除きデータが消えないようにお修理をいたします。また機械ものですので予期せぬ何らかの事態が起きうる場合もございますがこの場合はどうかご了承ください。」

まとめますとHDD(ハードディスク)の交換修理やパソコンの初期化以外の修理で内部のデータや設定を残したい場合は、メーカーや家電量販店の修理では一貫して融通が利きませんので、それ以外のパソコン修理店に出すことをお勧めします。この場合は電話やメールでやり取りする中で融通の利くお店を選ぶことをお勧めします。

電話で相談するのがそのお店の担当の方の話し方やニュアンスなどでどんな会社か想像ができるので一番確かなのですが、電話で話すのが苦手な人はメールでのやりとりでいろいろと修理前の疑問点や不安点などを相談してまずは安心できるお店を選ばないといけないです。

買い替えを決断した時

では実際に修理か買い替えかを考えた末に新しいパソコンに買い替えることに決断した場合、機種選びを始めなくてはいけませんね。どのメーカーにするかスペックはどんな物がいいのか、ノートパソコンかデスクトップパソコンかいろいろと決めなくてはいけませんね。

この中で一番初めに決めなくてはいけないのがノートパソコンかデスクトップパソコンかですね。 今まで使っていたパソコンがビジネス使用でノートパソコンを使用していた方は迷うことなく次もノートパソコンとなりますのでここはすでに決まっていますよね。ですがご家庭で使っているパソコンを買い替える際はどちらにするか迷ってしまいますよね。

決め手は買い替えてからのパソコンを使用するスタンスだと思います。パソコンは決まった場所でしか必ずしないので、今までのようにデスクトップタイプのパソコンで行こうとか、家には無線ルーターがあるのでどの部屋でもインターネットにつながるからノートパソコンにしよう。この2つで考えるのが一番シンプルであまり悩まずにいいと思います。

今までデスクトップパソコンを使ってきた方はノートパソコンなんて、って思われる方も多いかと思いますが、今のノートパソコンはひと昔と違いスペックも上がってきていますので画面も15.6インチのものやそれ以上の19インチのものも発売されていますので非常に使いやすくなってきていますので、実際に家電量販店などに足を運び実際に一度触れてみるのもいいかと思います。

さてデスクトップパソコンかノートパソコンかどちらにするのか決まった場合は次にメーカーを決めなくてはいけないですね。どのメーカーが一番いいのか、、、それは購入する際に気に入ったデザインのものを購入すればいいと思います。例えばNECのパソコンだからと言って中身に使われている様々な部品はNEC製ではありません。これはほかの富士通などのメーカーでも同じことです。メーカーはパソコンの外観のデザインをして中身は他社製の部品を組み込んで発売しますので正直どのメーカーがいいと言うのは今ではあまり関係ありません。

どのメーカーも様々なデザインや色を使ったものが発売されていますので、あなたが見て気に入ったデザインのものに決めるのが一番です。特に外観のデザインや色などには興味がない方はご自分の予算で見合うパソコンの中でもハイスペックなものを選ぶのがいいでしょう。同じスペックのパソコンでもメーカーによって値段の差はかなりありますし、販売している家電量販店でのセールなどにより同じ予算でもメーカーが違うだけでかなりハイスペックなものが安く手に入ることも多いです。

このことから考えますと先に購入予算を決めてデザインやメーカーにこだわらず、その時販売されている中で一番ハイスペックで予算に合うパソコンを購入するのが一番お得な買い替え方ではないでしょうか?ひと昔前だとあのメーカーのパソコンは壊れやすいとかあのメーカーのパソコンは壊れにくいとか言われた時代もありましたが、今ではどのメーカーのパソコンも安定して稼働するようになっていますのでメーカー違いでの当たりはずれはあまりありませんのでそこまでメーカーに拘る必要はないかと思います。

ただ今まで使っていた年賀状などを作成するためのソフトやそのほかのソフトで必要なものがある場合は購入時にインストールされている基本のアプリケーションソフトで必要なものが入っているか事前に調べる必要があります。このソフトはあとで単体で購入すると金額的に結構高くつくものですので、できればご自身に必要なソフトが初めからインストールされているものを選ぶのが一番望ましいです。

パソコンのスペックについて

パソコンを買い替える際にいろいろと悩む中で気になるのがそのパソコンのスペックではないでしょうか?メモリの容量やハードディスクの容量、搭載されているCPUは何なのかなどなどですね。しかしながら一般のご家庭でお使いになるパソコンで、お仕事などで図面やグラフィックなどの特別なソフトを使う場合や、インターネットを使ったネットゲームで推奨されるグラフィックの性能がハイスペックなものを要求される場合を除き、普通にインターネットでの調べ物やデジカメの写真や年賀状を印刷したり、お仕事で少し使う場合でもwordやexcelなどしか使用しない場合は一般的に販売されているパソコンで十分に事足ります。

ご家庭での使用の場合は世間一般に言われています高額でハイスペックなパソコンでなくとも、中ぐらいの値段で販売されているパソコンで十分にすべてが賄えます。それだけパソコン自体が進化してきましたし手軽な値段で購入できるくらいに安価になってきたということもありますので。ですのでスペックについてはあまり気にされず購入される予算の中で一番良いスペックのものを選んで購入するというのが一番いいかと思います。

また確かに高スペックなパソコンは動きも早くサクサクと動くイメージが多いかと思いますが体感速度に慣れていってしまうのが人間ですので使っているうちに遅く感じたりするようになりますし、初めからそこまで大きな速度の差はあまりないと思って頂いていいと思います。購入したときはすごくサクサク動いて早いパソコンだったのにと感じる経験をされた方が多いと思います。

この理由は簡単に言いますとパソコンというものはテレビとは違うと言うことです。テレビは長年使っていても電源を付ければ一定の速度で画面が映って見ることができますよね。ではパソコンはどうですか?使っているうちになんだか電源を入れてからの起動が遅くなってきたような気がするってことになりますよね。これはパソコンの機械的な劣化などの理由よりもパソコンを動かしているOS(windows10とかのことです)の劣化によるものがほとんどです。

このOSとはオペレーティングシステムの略称でしてパソコンを動かすための基礎となるプログラムのことです。パソコンの機械があっても中にこのOSが入っていなければ何も動かすことができずただの箱なんです。このプログラムが組み込まれている様々な部品を管理、制御して命令を伝え初めて動くものとなります。パソコンに組み込まれた機械とは違い目に見えるものではないですので?と思われる方が多いと思いますがこのプログラムがテレビなどに組み込まれているものよりも複雑で劣化しやすいのがパソコンです。

パソコンを使っていくうちにいろいろなサイトを閲覧したり、いろいろなアプリケーションソフトをダウンロードしたり、wordやexcelで文章を作成したりメールで知人とやり取りしていくうちにいろいろな情報がこのプログラムの格納されているハードディスクに書き込まれ記憶されていったり消去されていったりします。先ほどから申し上げているようにテレビと違う点がここにあります。

昨日までのパソコンを新たに今日使用して様々なことをしたのなら今日のパソコンは昨日のパソコンとは違う状態になっています。この状態の変化を日々繰り返していく内にOSが劣化して電源を入れてから起動までの時間が掛かるようになったとか、特定のアプリケーションソフトを立ち上げる際に時間がかかるようになってとても遅く感じるというような状態になります。

ですのでいかにハイスペックなパソコンを購入したからと言っても機械的な故障を除き、未来永劫購入時のまま動作の早いパソコンの状態を維持できるものではありません。使っている内にOSが劣化したら動作は遅く緩慢になりますので。どんなパソコンも定期的にOSの入れ替え(初期化またはリカバリと言います)を行わない限り使用している内に日に日に遅く動作が緩慢になっていくものと理解してください。この初期化を行うとパソコン自体が購入時の状態に戻りますので起動の速度も速く動作もサクサクで元のように快適に使用できるようになります。

パソコンのスペックについては様々なものや組み合わせがありますので少しでも高スペックにしたいと考えるならばハードディスクがSSDタイプのものを選び、メモリのサイズも8GB以上のものを選べば今までのパソコンより格段に速いスピードを体感できると思います。

新しいパソコン購入後の設定やデータの移行について

新しいパソコンのインターネットやメールその他周辺機器の設定や、今まで使っていたパソコンからのデータの移行を業者に頼もうと考えている方へ。データの移行を除くパソコンの設定などは購入した販売店で別途料金は掛かりますが実際にお客様のお宅にお伺いして行ってもらえるサービスがあります。

この際には行ってもらう設定などにより様々な料金体系があるかと思いますので、ご自身のネットの環境(無線でつないでいるのか有線でつないでいるのか)や設定の必要な周辺機器をすべてお話してください。買い替えたお客様用にお手軽パックみたいにすべての設定を一律料金で行っているお店や1つ1つ料金体系が違うお店がありますのでご注意ください。

また古いパソコンからのデータの移行については作業を請け負っているお店と一切請け負っていないお店があります。データ移行の作業を請け負っているお店でも様々な制限があり一般的な住所力などのソフトやメールのアドレス帳、写真のデータやインターネットのお気に入りなどは対応していてもその他のソフトには対応していなかったりする場合があります。ですので事前にデータを移行したいソフトを事前に伝えて可能であるのか確認することをお勧めします。料金を払った後で担当の方がご自宅に来てからこのソフトは無理ですと言われるケースもありますので。

古いパソコンから新しいパソコンへのデータの移行で一番気を付けなくてはいけない点があります。それは今の古いパソコンの故障状況です。故障していない場合はまず問題はないのですがwindowsが立ち上がらなくなった故障や電源が入らない故障、使用していると急に電源が落ちてしまうなど通常の使用ができない状態でのデータの移行は量販店などではまず行っておらえません。新しく買い替えた場合のデータの移行も行っているからということでその量販店で購入したのでパソコンの故障状況によってはこの作業を断られてしまいますので先に確認するのが賢明です。

  • *PCSTYLEではパソコンの様々なお困り事のご相談も承っております*
  •  お困りの際はお電話又は下記メールフォームにてお気軽にご相談下さい

お問い合わせ

パソコン修理/データ復旧/パソコン処分に関するご不明な点、ご相談はお気軽にお問い合せ下さい。通常平日18:00までのお問い合せには弊社担当者から当日中にご返信させて頂いております。

18:00以降のお申し込みにつきましては誠に申し訳ありませんが翌日のご返信になりますので 何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

※マークは入力必須です
お名前※
携帯電話、スマートフォンでご使用のメールアドレスをご入力のお客様で迷惑メール対策(ドメイン指定受信の設定)をされているお客様は、「pcstyle.jp」からのメールを受信できるようにドメイン設定を行ってください。
*迷惑メールとなりお申込み確認のメールや弊社からの回答のメールが届きません*
メールアドレス※
確認用メールアドレス※
お問い合せカテゴリー※
お問い合せ内容※


このエントリーをはてなブックマークに追加

出張訪問パソコン修理対応可能地域

出張・診断料5.000円(税抜き)
大阪府下記の地域
大阪市、堺市、枚方市、守口市、門真市、四条畷市、大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、和泉市、高石市、泉大津市、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、阪南市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、富田林市、大阪狭山市、河内長野市

パソコン修理依頼送付先

〒5890013
大阪府大阪狭山市くみの木4-88-345
TEL:072-248-2410
大阪のパソコン修理PCSTYLE

↑ PAGE TOP