電源を入れてもデスクトップパソコンのモニターに何も映らない故障事例

パソコン修理完了後は代金引換便にてクレジットカードがお使い頂けます。

大阪のパソコン修理PCSTYLE

Tel:072-248-2410電話受付 10:00~18:00
〒5890013 大阪府大阪狭山市くみの木4-88-345
  1. 大阪のパソコン修理PCSTYLE
  2. パソコントラブル事例掲載
  3. デスクトップパソコンのモニターに何も映らない

パソコン修理・トラブル事例 デスクトップパソコンのモニターに何も映らない

デスクトップパソコンでモニターに何も映らない場合モニターの故障、マザーボードの故障、ビデオカードの故障、メモリーの故障が考えられます。

はじめに確認頂きたい事項

デスクトップパソコンで電源を入れても画面に何も映らない場合、まずはモニターの電源が入っているかご確認下さい。次にモニターの電源ケーブルがきっちりとコンセントに刺さっているか確認し、モニターとパソコン本体の液晶ケーブルが正常に繋がっているかを確認下さい。多くの場合このちょっとしたことが多いです。

また、お持ちのモニターが複数の入力端子を備えてるモニターの場合は入力選択が実際に挿されている端子のものとあっているかご確認下さい。例えばD_sub端子で接続しているのに入力の切り替え側でHDMIなどになっていると画面には何も映りません。切り替えボタンがタッチセンサー式のモニターではその部分に物や手が軽く触れただけでも切り替えが行われてしまう場合がありますので要確認です。

液晶モニターの故障

パソコンに繋がっているモニターが故障した場合はもちろん画面には何も映りません。この場合の見分け方は電源が入っているのかをまず確認下さい。電源ボタンを押してもモニターの電源が入らない場合はモニター側の故障になります。

また、機種にもよりますが電源は入っても電源ボタン近くのランプが緑色やオレンジ色で点滅している場合もモニター本体の故障になります。もう一つはちょっと判りにくいかもしれませんがモニターのバックライトまたはLEDが故障してうっすらとしか映らない場合。この場合はモニターの画面を斜め横からよーく見てみてください。うっすらと画面が表示されていると思います。

いずれにしてもデスクトップのモニターが故障した場合は修理をするよりも今では家電量販店で液晶モニターが手軽な値段で販売されていますので買い替えをお勧めします。

マザーボードの故障

デスクトップパソコンのマザーボードが故障した場合もモニターに何も出力されず真っ暗なままのことがあります。この場合はモニター画面には「no signal」(シグナルが検出されません)などのエラーが表示される場合があります。これはモニターの電源は入っているのにパソコン側からの出力信号が受けれないことによるエラーとなります。

パソコンとモニターがきちんとケーブルで接続されており、モニター側の入力選択も正しい場合でこの状態の場合パソコン側の故障となります。拡張スロットにビデオカードが搭載されていないパソコンの場合はマザーボードの故障が考えられますので、物理的に修理を行わないと直すことはできません。

ビデオカードの故障

エラー表示や状態は上記項目で記載しましたマザーボードの故障の場合と同じです。マザーボードの拡張スロットに搭載されたビデオカードが壊れた時は新しいビデオカードと交換するお修理がお勧めです。

ビデオカードは何かといいますとパソコン側から送られる信号をモニターに出力する部品です。お値段もさまざまですがオンラインゲームなどでさくさくと画面描画を楽しむためにはより高性能なビデオカードが必要となります。

メモリーの故障

デスクトップパソコンのメモリーが故障した場合もモニターの画面には何も表示されません。パソコンの機種にもよりますがビープ音がなってエラーを教えてくれる場合や全くの無音で画面に何も表示されない場合もございます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

出張訪問パソコン修理対応可能地域

出張・診断料5.000円(税抜き)
大阪府下記の地域
大阪狭山市・富田林市・河内長野市・松原市・羽曳野市・藤井寺市・大阪市・堺市・枚方市・守口市・門真市・四条畷市・大東市・東大阪市・八尾市・柏原市・和泉市・高石市・泉大津市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・阪南市

パソコン修理依頼送付先

〒5890013
大阪府大阪狭山市くみの木4-88-345
TEL:072-248-2410
大阪のパソコン修理PCSTYLE

↑ PAGE TOP